中古トラック、走行距離の目安

中古トラックの購入を考える時には、やはり「いいトラックを買った」「後悔しない買い物だった」と思えるものを見つけたいですよね。
装備、修復歴の有無、年式等など、選択のポイントは色々とありますが、今回はその中の最も重要視すべきものの一つ、「走行距離」についてお話します。

トラックの寿命は普通車より長い

普通車だと、走行距離10万kmくらいで「そろそろ買い換えようか」と考える一つの基準になっていることが多いと思います。
しかしトラックの場合、

  • 排気量が大きい=エンジンの回転数が低くて負担が少ない
  • 構造がシンプルでメンテナンスがしやすい
  • 負担の少ない運転のできるプロが使っていることが多い

などの理由から、トラックの走行距離の寿命は普通車よりもずっと長いのが一般的です。

トラックの走行距離の限界は何km?

では、一般的なトラックの走行距離の限界はどれくらいでしょうか?

上記の理由により普通車よりもずっと長く走れるトラックは、普通車の3倍~4倍の30万km~40万kmくらいは普通に走行できることがほとんどです。
更に現代のトラックは技術の進歩により、メンテナンスをしっかりしていれば100万km以上乗れることも少なくありません。中には200万キロ以上走行しているトラックも多くあります。

一般的には、100万kmが中古トラックの走行距離の一つの目安として考えられます。

サイズ別、トラックが寿命を迎える平均走行距離

小型トラックの限界となる平均走行距離は?

エンジン排気量が小さな小型トラックが限界を迎える走行距離は、約20万kmが目安だと言われています。
つまり、走行距離10万km近くの中古トラックでもまだまだ走れるということです。

中型トラックの限界となる平均走行距離は?

小型トラックよりも排気量が大きい中型トラックの場合、限界走行距離は40万km~50万kmくらいが目安だと言われています。
運転の仕方や使用状況、メンテナンス状況によって個体差が出てきます。

大型トラックの限界となる平均走行距離は?

非常に大排気量の大型トラックは、限界走行距離がさらに延び、約70万kmが目安だと言われています。
中古でも決して安くはない大型トラック、メンテナンスによっては十分に購入検討余地のあるものとなります。

いちばん大事なのはメンテナンス

ここまでに何度も書いてきましたが、結局トラックの限界走行距離を左右する中で最も大事なものはメンテナンスです。
買取後に販売店が的確なメンテナンスを行っていたかどうかが重要なのです。

つまりは、信用できる販売店にめぐりあう事が重要ということですね。
中古トラック販売専門店Ticsなら、グループ内で運送会社を経営しているのでメンテナンスや知識が非常に豊富!
安心してご相談ください。

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930